家賃足りない

やばい家賃が支払えない・・・どうする

あなたのところ会社の懐ぐらいはいかがですか?
少なくとも私の周りの友人たちの間では、給料が上がったという人はいません。

 

テレビでは、最近では給料が上がったりボーナスが増えたというニュースがありますが、私の周りの人では皆無です。
きっと大企業の一部だけではないでしょうか?

 

給料は少なくても、毎月毎月支払いや遊びなので貯金するような余裕なんてありません。

 

遊びを我慢すれば少しはいいのですが、遊びを我慢すれば会社のストレスのはけ口がなくなり健康衛生的に悪くなると思います。
一人の生活は、家族と一緒に住んでいた生活と違いなにかとお金がかかります。

 

一番お金がかかるのは、家賃ではないでしょうか。
会社から少しは手当が出ていますが全然足りません。

 

支払いは毎月あるので支払いに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

少ない給料でまかなわなければいけないので、食費なども質素にしている人も多いです。
家賃の相場は、場所や部屋の広さや新しさなどによっていろいろです。

 

若い人が一人で借りるのならばワンフロワーのところが多いと思います。
安ければ3万円程度から高いところでは10万円程度が限界ではないでしょうか?

 

安ければいいとは限りません、安いという事は場所的な不利なところが多いのです。
電車の駅まで遠いとか、買い物のスーパーまでが遠いとかあると思います。

 

また、あまり古いところだと彼女もつれて来れないですよね。

5万円程度の部屋を借りた場合、食費にいくらぐらいかけられるでしょうか?
5万円は毎月必ず支払っていかねばなりません。

 

朝の食事を抜いている人もいるでしょうし、夜の飲み会を減らしている人もいるでしょう。
給料は上がらないのですから、給料の範囲内で計画的に使っていってお金を残していかなければなりません。

 

またお金は急に必要になってくる事もしばしばあります。
身内や友人などの冠婚葬祭や知り合いの入院、会社の飲み会などもあります。

 

そういう場合においても貯金がなければ、そのお金の捻出は四苦八苦するのではないでしょうか。

 

実際にお金が足りなくなってき場合にはどうしたいいのでしょうか?
特に家賃を支払う事が出来なければ、部屋を明け渡さなければいけない事態になりかねません。

 

家賃の支払いに困った場合には、お金を借りて支払うしかないでしょう。
問題はどこからお金を借りるという事です。

 

お金を借りるには?

 

身内や友人などから借りられる場合には、第一優先で借りた方がいいと思います。
無利子かかなりの低金利でお金を借りる事が可能ではないでしょう。

 

しかし、お金を借りるという事を身内や友人にはなかなか言い出せないものです。

 

その場合には金融機関からお金を借りてみましょう。
銀行系や消費者金融系にはカードローンでの融資をしているところが多いです。

お金の使い道も、車とか教育とかに制限されず自分の使いたいように自由に使う事が出来るのです。
利用する時には、自分の銀行口座に振込んでもらう方法でお金を借りる事も可能ですが、カードで近くのコンビニのATM借り入れや返済が出来ますので、弁当やつまみを買いにいくついでに利用する事が出来るので大変便利です。

 

申し込みは金融機関の店舗まで行かなくても、パソコンやスマートフォンを持っているのであればインターネットから申し込みが可能なところが多くなってきています。

 

店舗まで行かなくていいので、店舗の人と接しなくてもすむので面倒なストレスがかからなくてすむのです。
また店舗に入るところを知り合いに見られることもないので、周りの人の目を気にする事もありません。

 

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の写しも郵送しなくても、写メで撮ってメール等でアップロードするだけでいいのです。
ですから部屋にいながらどこにも出かけずに申し込む事が出来ます。

 

急な出費や、家賃の支払い期日が迫っている場合には即日融資もあります。
即日融資とは、申し込んだその日のうちにお金を借りられる事です。

 

お金を借りるための申し込みには、審査があり通らないと借りる事は出来ません。
この審査も短時間でやっている金融機関も多いので、急いでいる人には即日融資の可能な金融機関を選びましょう。

 

そうすれば家賃の支払い期限がせまっていて、お金が足りない場合においても支払う事が出来るのです。

 

家賃の支払いを延滞しまっては大家さんや管理人の印象も悪い事となるでしょう。
延滞が続くと、今すんでいるところから追い出されてしまうかもしれません。

 

そういう風にならないために、お金がない時には金融機関のカードローンに申し込んで用意しておきましょう。
そうすれば家賃に限らずにお金が足りない時には、いろいろな面で役に立つと思います。

 

くれぐれもお金の借り入れには計画的に検討して、返済もきちんと計画して返していきましょう。
住むところが一定しないと生活も安心できないと思います。

 

コンビニから利用できる便利なカードを作っておきませんか?